会社の経営に欠かせない資金

何の事業に資金を使うのか

事業の内容を説明する

自分が考えている事業を、詳しく書類にまとめてください。
それが、事業計画書になります。
資金サポートを申し込む時に欠かせない存在なので、忘れずに用意しましょう。
内容がわかりにくいと信頼されないので、具体的に書くことを意識してください。
しっかり事業計画書を書いても審査を通過できない時は、借りる金額が大きすぎることが原因かもしれません。

限度額いっぱいに資金を借りると、審査が厳しくなってしまいます。
逆に少ない金額だと簡単な審査で済むので、本当に必要な金額だけを指定するのがおすすめです。
審査を通過できない人は、何が原因なのか調べて改善してください。
早く原因がわからないと、資金がなくなり経営を続けられなくなります。

正しい事業計画書の書き方

何度も資金サポートを利用している人は、どのように事業計画書を書けば良いのかわかっていると思います。
ですからすぐに書類を完成させて、資金サポートを申し込めるでしょう。
しかし中には、今回が初めての資金サポートになる人が見られます。
そのような人は事業計画書を書くのが初めてなので、書き方がわからないかもしれません。

無理に1人で書こうとしないで、専門家にアドバイスをもらってください。
この時の専門家は、会計事務所のスタッフになります。
正しい書き方を教えてくれますし、どうすれば事業内容がわかりやすく伝わるのか、また審査を通過できるのかコツを伝授してくれます。
会計事務所からサポートを受けると、資金調達しやすいです。



ページ
先頭へ