会社の経営に欠かせない資金

自分が使える資金サポート

どんな条件が決まっているのか

女性が起業する時に使える資金サポートがあります。
また若者やシニアなど、年齢の条件が決まっているところもあるので確認してください。
そのような資金サポートは、限度額が1000万円になっています。
他にも資金サポートの種類があり、特殊な資格を持っている人がその資格を活かして起業する時に使えるものは、限度額が2000万円から3000万円になります。

さらに会社に長年在籍し、同じような職種の会社を新しく起業する時に使える資金サポートがあります。
その時も限度額が、2000万円から3000万円になることが多いと覚えておきましょう。
このように適応する条件が細かい資金サポートは、限度額が高めに設定されています。
それを踏まえて、種類を選択してください。

返済しなければいけないもの

返済の計画を事前に考えて、資金サポートを申し込みましょう。
資金サポートで得られる資金は、もらえるものではないと理解してください。
借りているものなので返済しなければいけませんし、返済の期限が決められています。
返済が滞って期限に間に合わないと、社会的な信頼を一気に失ってしまいます。
信頼されないので資金サポートが利用できませんし、金融機関からも融資を断られるでしょう。

さらに取引をしている会社も遠ざかってしまうなど、デメリットが多いです。
そのような事態になると会社に経営を続けるのが難しくなるので、最初から返済が滞らないように計画してください。
毎月自分が得られる収入を考えて、返済する金額を決めるのがおすすめです。



ページ
先頭へ